荒川自転車道で主に埼玉方面へ クロモリロードバイクで走行

ちゃりログ




商品

次の自転車用シューズ

投稿日:2021年6月15日 更新日:

2021年6月中旬

 前回のサイクリングで自転車用シューズのアウトソール(靴底)に穴が開いていることに気がついた。
 2015年10月に購入したメレルのフラットペダル用シューズ。
 5年半以上経ったが、2019年は自転車旅でほとんどkeenのサンダル使っていたので、実質4年半ぐらい使った
 ことになるか
 毎週1回使用したとすると約50週x4.5年で 200回以上履いたことになるか

 自転車乗り始めたころは軽くて通気性のいいスポーツシューズ買ったが、靴底が柔らかいためか
 足に負担がかかるようで、親指の爪が内出血したのでプレートが入っているメレルの自転車用を買った。

 メレルの自転車用シューズは気に入っていたが、販売終了している。
 2年程前、シューズがへたり始めた頃、フラットペダルシューズをググったが、ほとんど出てこない。
 クロームのとその他数種しか出てこなかった。
 

 今回、フラットペダルシューズでググったら品数が増えた様で、1つのページには7種、 もう一つには10種
 紹介されていた。
 シマノやモンベルの製品も出てきた。

 シマノの靴底はレビューを読むと硬そうな気がした。硬すぎると歩きにくい。
 モンベルのが自転車用として使えて、山道でも使えると書いてあるので、
 自分の用途向き。


 御徒町の y’sロードに行ってみたが、 フィジークのGravita?ぐらいしか見つけられなかった
 ので、近くのモンベルに行った。

 モンベルのフラットペダルシューズ トレールライダー
 靴底はフィジークのと同じ様なドット形状だった。



 
 冬に厚いソックス履くことを考慮して1サイズ上のも履いてみたかったが、完売で秋にならないと入荷しない。
 欲しい色であうサイズの在庫もないので、サイズピッタリすぎるぐらいの展示品を、買ってきた。 
 あまり店舗に在庫無いようだ。

 フットウエア共通の取説がついていたので、読んでみたら
 なんとアウトソールの交換が有償でできると書いてある。

自転車用のシューズなら靴底の消耗は早いが、アッパー部分はそれほど折り曲がることもないので
価値あるアフターサービスではないか。
このシューズの靴底の交換対応してくれるのか それに
いくらかかるか知らんけど

商品説明に記載が無いので、ソール交換対応モデルではない様だし、1万円くらいかかる様だ。

 
 

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車走行日記へ

s







-商品

Copyright© ちゃりログ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.