荒川自転車道で主に埼玉方面へ クロモリロードバイクで走行

ちゃりログ




メンテナンス

HDD交換したらサスペンドできなくなった

投稿日:2020年3月1日 更新日:

2020年2月下旬

 先日、OSをMX linuxに変えた古いPC使っていたが、Sleepから復帰時に
HDDのエラーが出た。

再起動しても同じエラーで立ち上がらない。

インストールしたDVDで起動して、fsckコマンドでHDDをチェックしエラーがでてファイル修復した。
もう一度、fsckするとエラーがでないので再起動。
それでも、同じエラーで立ち上がらない。

再度、fsck -t -y -f -c /dev/sda1  で 今度は1時間20分ぐらいかけてチェックした。
それでも同じ。

諦めてMX linuxを再インストールした。
2回目のインストールなので慣れた。
OSインストールで30分ぐらい。 
UPDATEが270以上あるので、40分ぐらい。
更に日本語入力設定で20分
その他、設定で20分ぐらい。

それで、復旧した。

前回、swapを大量に使っていたが、今回インストール後は1日立ってもswapをそれほど使わない。
インストール後のupdateで前回 Y/I、N/Oの問い合わせ時に デフォルトのNのまま更新したが、
今回はYを投入したからかも、デフォルトでは前のファイルを残していた。

翌日は問題なかったが、その翌日の朝、サスペンドから復帰したらまた
同じエラーが出た。

HDDがもう使えないのかと思い。
別PCでSSD換装して使ってない80GBのHDDがあったので、それに交換して
MXlinuxをインストールした。
26GB(11GB+DVD3枚コピー)しか使ってなかったので、80GBでも足りる。

それで1日使っていたが、サスペンドすると画面が真っ暗になるが、電源ランプが点滅したままでサスペンドできない。ハイバネートもできない。

操作できないので、電源落として、再起動していた。
サスペンドできないとすぐに使えない。

/var/log のSyslogやsleepログなど調べたが分からない。
ネットで調べて2、3の対処を試したが変わらない。

Updateでサスペンドできなくなったのかと、再度MXlinuxをインストールして
更新する前に、試したがやっぱりサスペンドできない。

また、元の250GBのHDDに戻して、MXlinuxをインストール
今度はインストール時に BAD sectorの検査にチェックを入れてインストールした。
そしたらフォーマットに1時間20分かかってから、システムのコピーを始めたので、 1時間40分ぐらいかかった。
そこで、サスペンドしたらできた。
更に、Updateに40分、日本語入力インストールに20分、その他設定に20分。

sleepのログを見たら、サスペンドできなかったときより、更にログが続いてした。

以上よりHDDが変わったことでサスペンドできなくなったことに間違いない。
サスペンドできなかったのはHITACHIのHTS541080G9SA00だった。



元の250GBのHDDのSMART確認したら、セクタの代替処理が9回発生していた。
また、駄目になるかな?







-メンテナンス

Copyright© ちゃりログ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.