荒川自転車道で主に埼玉方面へ クロモリロードバイクで走行

ちゃりログ




サイクリング

紅葉の昇仙峡をめざして、たった1750円で山梨県に一泊温泉付き (計画編)

投稿日:

2017年11月5日(日)

 山梨県の昇仙峡の紅葉みたいと昨年から思っていた。

 国の特別名勝にも指定され、「日本一の渓谷美」とも言われる。


 自宅から150kmぐらいと遠いので、自転車では

 一泊必要で、2日間良い天気であることが条件だが、今週末の天気予報なら行ける。

 最初、今年買った寝袋で野宿でもしようかと考えた。 
 ”甲府 野宿” でググると ステーションビバークという駅に野宿する方式があるらしいが
 深夜の駅 危険を感じる。

 ふっと閃いて、

 ”甲府 24時間 スーパー銭湯”  でググると甲府近くの石和温泉のR20号沿いにあった。

 料金2100円が スマホでクーポン見せるだけで350円引きの1750円

 この価格で温泉にも入れて屋根付き。

 土日祝の2時に在館していると、週末料金1000円追加があるが、
日曜日に行けばかからない。  
月曜日に有休をいれていたので、日曜日出発に決定。 

 

 次にルートを考える。 10月上旬に千葉の鋸山へいってからいまだに、
左脚の付け根から臀部にかけて痛みを感じていたので、 あまり走る自信がない。

 ここは輪行だ。

 R20号走るなら、高尾山口駅まで行くことを考えた。

 

 その後、昨年 富士山スバルラインに行って帰って来てから、近くに忍野八海があったことに気づいて、 
行けなかったことに心残りがあったので、忍野八海へも行くことにする。

 

 高尾山口駅から忍野八海へのルートを 自転車navitimeで調べると70kmぐらい
 それから、石和温泉へ行ってもトータル100kmぐらいで少しぐらい坂道あっても許容範囲

 

 紅葉ch で 昇仙峡の紅葉状況調べると 「色づき」 で「見頃」は11日以降。
 更にtwitterで昇仙峡 検索すると少し早かったというつぶやきが多い。

 一週間先に延期して紅葉が見頃になっても、天気が悪ければいけない。

 見に行くのは6日で見頃より5日早いことで、紅葉がどの程度違うのかわからない。

 

 ここは紅葉の押さえが必要だ。

 紅葉chで調べると近くの見頃に 「紅葉台」 が出てきたが、 「山中湖」 も出てきた。

 経由地を山中湖にして 再度、高尾山口から忍野八海を自転車navitimeで調べる。

 すると相模湖から曲がって 道志みち に入っていくルートがでる。

 道志みち は走ったことがない。 

 ルート調べると、同じ京王線の橋本駅からの方が道志みちへ近い。

 前日に輪行先は京王線の橋本駅に変更。 乗り換え駅の神保町までは通勤定期が使える。

 

 最寄り駅から橋本まで 乗り換え案内で 調べて、 乗り換え待ち時間が少なく
 最短時間で行ける時刻を 始発から5分づつ ずらしていき、 午前5時過ぎに決定。

 家の最寄駅までは徒歩6分ぐらいなので、 輪行袋を駅まで担いでいくことにする。

 

 昇仙峡側も調べると、時間によって車両通行禁止(自転車含む)があるらしいので、
 一泊後、石和温泉から早朝移動して、通行禁止時間前に昇仙峡の下の奇岩がある方を走り、徒歩エリアで滝まで行く。

 更に調べると、上にダムがあるので、ダムカードももらうことにする。
 9時から事務所が開くので、9時頃にダムカードもらって、速攻で帰る計画

 帰りはR20号で、相模湖のダムカードももらう。

 

 スーパー銭湯の部屋は暖かい様だが、もっと暖かく寝袋持って行った方が良いかなとも
 思ったが、邪魔なのでやめた。
 代わりに ジオラインの長袖インナーを持っていく。

 過去の経験で周りに人がいる場合の安眠にはアイマスクだけでなく、
耳栓も必要だと感じていたので、昼休みや週末に見に行ったが、
 飛行機内用は1000円ぐらいで高価。 2セット入っていて600円のもあったが高い。

 結局、そんなに使うものではないので、100均でウレタン製の1セット108円のにした。

 

 以上のことを10月末から考えていて、3日と4日はゆっくりして、

 前夜、空気入れて、輪行袋にいれて、21時就寝。 

 5日決行の日

 つづく


にほんブログ村







-サイクリング

Copyright© ちゃりログ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.