荒川自転車道で主に埼玉方面へ クロモリロードバイクで走行

ちゃりログ




メンテナンス

チャポチャポしなくなってた

投稿日:

2021年10月中旬

 以前、リアキャリアをつけようとして、リアの右側を見た時、ディレーラーハンガー
に穴が開いているので、一瞬、どこかでネジ1個が落下したのかと焦った。

よくよく見たら、スルーアクスルだった。



先週、空気入れた後、何気にレバーがついてないスルーアクスルのリングを指先で触ったら前後とも緩んでた。
(自分のスルーアクスルは必要なときにレバーをつけるタイプで、つける側には空回りするリングがついている)






後ろのスルーアクスルを抜くと、スルーアクスル側にはネジ山が12個あったが、 ディレーラーハンガー側のネジ山は6個ぐらいしかなかった。
ちなみに前はスルーアクスル側にネジ山7個、フォーク側に5個ぐらい。

ネットで ”スルーアクスル 緩む” をぐるるといくつかでてきた。
さすがに抜け落ちた記事はなかったが、スルーアクスルを使っていれば、ほぼディスクブレーキで
ディスクブレーキローターとパッドの隙間は両側合わせても0.3〜0.5mmぐらいしか無いようなことが書いてあった。
スルーアクスルが緩んだら、先ずブレーキに支障がでそうだ。

今回、ネジ山1個分も緩んでなかったが、まめに点検が必要だ。
しっかり締めたらリングは回らなくなった。



クイックリリースは緩まないが、 過去に1度だけ、走行中に後輪がよれるのでパンクしたのかと
みたら、クイックリリースのレバーは閉じているのに、反対側のネジが緩んでいたことがあった。
よく輪行していた頃








4月下旬にチューブレスにしたので、今月下旬で6ヶ月になる。
半年ぐらいしたらシーラントを補充する必要があるらしい。
前輪を外して、振ったら全く音がしない。
シーラントを入れたばかりのときにはチャポンチャポンと音が聞こえた。

バルブコアを外して、ライトを当ててもタイヤの中が見えないので、どのくらいシーラントが
残っているか分からない。
バルブ位置でタイヤを押すと、ほんのわずか液体が残っている様な音がブシュと聞こえる。

最初のときはタイヤ1本当たり 90ml入れたが、今回は60ml入れた。
シーラントは蒸発してしまうのだろうか? 夏より冬の方が減少量は少ないのかな?

このシーラント 944ml入り だから、 もう1/3ぐらい消費した。 1,000円分ぐらいか






この自転車のメインコンポーネントはシマノのグラベル用のGRXなのだが、
当初からフロントをアウターへシフトチェンジしようとするとき、レバーが動かなかった。
インナーにした後に、小さいレバーを1度 カチッと音がするまで動かしておかないと、動かなかったのだ。
105のときはこんなことはなかった。
不良品なのかと思っていたが、前回のサイクリング時に普通に動くようになっていた。

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車走行日記へ







-メンテナンス

Copyright© ちゃりログ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.