荒川自転車道で主に埼玉方面へ クロモリロードバイクで走行

ちゃりログ




サイクリング

追い越されるなら、思いっきり追い越されたい! NO WAR

投稿日:2022年3月5日 更新日:

2022年3月5日(土)晴れ

 水曜日は3回目のコロナワクチンを打った。
 夜から注射した筋肉が痛い。
 翌朝、熱は無い。ファイザー、ファイザー、モデルナのパターンだと75%が発熱するらしい。
 昼、頭が重いし食欲がでない。リポビタンD飲む。でも、熱は無い。
 その後、1時間ぐらいしたら悪寒がしたので、布団乾燥機のホースを入れて暖めた布団で横になる。
 脱水しないようにジュース類を飲む。
 夕方、体温測ったらら37.8度の発熱。  夜は無理して麺類を少し食べて、20時には寝た。
 目が覚めて深夜かと思ったら22時半。 次は0時過ぎ。 更に3時頃。 
 最近ギャバ飲んでいるが、特に安眠できない。
 坐骨神経痛の脚は痛いし、注射した筋肉は痛いし、頭も痛い。  鎮痛剤を飲む。
 夜中に、痛いよー! 痛いよー! と 何度も言い続けた。
 翌朝になって、熱は下がったが、頭はボーとした感じ


 
 2月のトレードは月末にロスして、105搭載ロードバイク2台分に僅かに届かず。
 3月はまだ4営業日だが、エントリーモデルのロードバイク1台分利益がでた。
 10年間負け続けて昨年はトレード資金がとうとう底をついて資金追加したが、突然、勝てるようになった。
 昔は買えば下がるし、売れば上がるし、動かないので決済した途端に上がりだしたりして、
 上がるか下がるかの1/2の確率の筈なのに2年目から突然負け続けるようになり、
 PCに何か仕込まれたのかとか  貧乏神に取り憑かれているのかとか
 精神的に病んで、エントリーが怖くて、全くエントリーすることができなくなった時期が半年あった。
 風水、霊験あらたかな神社など行ったりしたが駄目だった。 
 テクニカルチャートも勉強したが、これでは勝てない。 
 板読みの本もamazonで読んだが、人間業ではない。

 まだ、断言するには早いかも知れないが、
 手に職がついたのに似ていて、頭に職がついたかも。
 やっとトレードの神が降臨した。
 大工が年とっても体が動く間は稼げる様に、頭がボケるまで稼げる。ハズ
 先週、ウクライナの原発がロシアに攻撃されて、急落しても何とかくぐり抜けられた。
 プーチンは何ということをしてくれるのか
 昔ならパニクッて最も損失が大きいところで決済していたが、今は一時戻したところで損失を少なくして決済できるようになった。
 
 
 

 10:00にでる。 温度計は14℃前後
 温かいのでジャケットでなくジャージ、グローブも3シーズンに戻した。
 この冬、レッグウォーマーをつけることは無かった。
 もう、4年ぐらい使ってない。夜まで走ることが多かった頃は暖かくてとても良かった。

 

 川越線の踏切の手前の坂の更に手前で、カップルに追い越された。
 でも、坂になったら、遅いので追い越した。
 踏切渡って、走っていたら、40代前後の男が追い越したが、すぐ前にいて、間にスペースがないのでカップルの女が後ろにいたが、すぐに、その女子が二人を追い越して先頭にでた。
 
 その後、坂を降りて、昨年、交通事故で車に正面衝突したトンネルに入る。
 トンネルでるとすぐ左カーブ、 それなりのスピードなので、前のカップルはセンターラインまで膨らんでから曲がる。
 昨年の事故相手の大学生がいたら、二人は病院送りだな。
 そうでなくてもいづれ山の下りで車に接触するだろう。

 その後、工事迂回でカップルの後ろを歩いてから土手の上にでる。
 カップルは喋りながら走っていたので、また、追い抜いた。 
 前から散歩の人が来たので、避けるために右から1.5mの辺りを走っているこんな時に
 狭い右側から追い越してくる気配がしたが、
 散歩の人を過ぎたので、スピード出して左に寄ったが、その後、近づいては来なかった。
 入間大橋を渡ったが、別の方向へ行ってしまった。
 
 年に3人くらい、追い越してから、すぐ前を走るやつに出会う。
 スピードが早いから、追い越しても、ほぼそのスピードで進みどんどん引き離されていくのが普通。
 前にいるということは、それほど60代の自分とスピードが変わらない。
 そんなのがなぜに追い越すのか?
 意味が分からない。  
 頼んでもいないのに、引いてくれるというのか 
 そんなことはありえない。
 きっと、マウント取りたいのだろう! 
 そんな人間になったらあかん!
 追い越したらなら、せめて30m以上引き離してほしい。 
 出来れば見えなくなるぐらい引き離してくれると、尊敬に値する。
 前にいられると風があるとき以外は、目障りなんだよ。
 6,7年前、夜の荒サイで20代と思しきママチャリダーが追い越そうとずっと必死な形相で走っていたのは恐怖だった。
 世界やポケモンだけではない。自転車道でも、ときどきバトル(戦闘、闘争、戦争)は発生する。




 土手の曼珠沙華(彼岸花)の葉は 先が黄色くなって枯れ始めてきた。
 他の植物が枯れている冬の間に、葉を広げて、光合成で栄養を溜め込む戦略はすばらしい。



1年3ヶ月ぶりに、ときがわ町のうどんやの前の里味に入店。
ジビエカレーを発注。 以前は夫婦だけだったが、息子と猟師の親父さんだけだった。
冷たい水をもらって、保冷ボトルに入れた。
隣のテーブルの3,4歳の女の子が、何で写真があるのー とパパに聞いていた。
自分も花に囲まれた写真があるのに違和感。
別の客のおばさんが帰るときに、一瞬、写真に向かって手を合わせた。



大野特産物販売所に来た。
以前、嵐山PAへ自転車で行って、のらぼう菜うどんを食べたが、 ちりめんのらぼう菜が1束だけ残っていた。
のらぼう菜は別の地域にもあるようだが、ちりめんのはこの辺りにしかないようだ。
マボロシー



14時過ぎたので、帰る。

川島町の平成の森公園近くの菜の花畑に来た。
これも葉がちりめんなんだよね。 



川島町の圏央道の近くの大イチョウの前で止まって、見た。
窪んだ所に丸い石の様なのがはめ込まれている。 顔も書いてある。
触ってみたが、石では無いようだ。
右上には、びわの葉の様な木が生えていた。



夏にメダカ屋をやっていた家の前に来たら、朝は気づかなかったが、瓦屋根に銀色のシートで

NO WAR

先日、通ったときは緑のライオンと半分だけ銀色に塗られたライオンと 銀色のトラ2つだったが、
ライオンが1つ見当たらず、金色のライオンになっていた。

写真を撮っているのに気づいて、親父さんの様な人が頭を下げた。
息子?の様な人が、「ありがとうございます」と大きな声。
想像していたのと違って、普通に礼儀正しい人たちだった。
ただものではない! 意識高い系



土手にキジがいた。




17:45帰宅。第3のビールを飲む。
128km走った。
1kg減量

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車走行日記へ







-サイクリング

Copyright© ちゃりログ , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.