荒川自転車道で主に埼玉方面へ クロモリロードバイクで走行

ちゃりログ




メンテナンス

ケーブルがフレームを削っていく

投稿日:

2022年4月上旬

 昨年から気づいていたが、フォークに前後シフトケーブルが当たって擦れて
塗装が剥げている。

黄緑がなくなり、白が露出して、白もなくなり、黒色が露出している。

フォークはカーボンだから黒なのかな


前のロードバイクはケーブルがフレームに接触する箇所にプロテクターが通してあったが、
アメリカ製は雑なのか プロテクター通し忘れたのか 
何もプロテクトされてなかった。

左側
右側



昨年、輪行パッキングの練習をしたときに、スプロケットカバーをつけずに、
ショルダーベルトを上げ下げしたら、スプロケットがトップチューブに当たって
傷だらけになり、塗装が剥げたので、
2つの緑系の色と 黄色 や グリーンブラック 等を混ぜて、傷が目立たないように塗っておいた。

フレームと同じ色が出せないため、傷より後塗りの塗装の方が目立つので、
何度も調合しなおしたり、やっぱり気に入らないので数日後にやり直したりして
それほど目立たないぐらいの色に出来た。


今回も、塗料を混ぜて色を作るが、やっぱり出来ない。

単色のフレームには、自転車メーカーがその色のタッチアップペンをつけてくれればいいのにね




自転車を立て掛けた時に出来たと思われる トップチューブ右下辺りのキズにも
塗っておいた。




とりあえず、色を塗ってから、ケーブルにプロテクターになるように
チューブを切って裏側に両面テープを貼ってからケーブルに巻き付けた。

プロテクターの上の濃い緑も塗装



1日走ってきたら、強力両面テープでも剥がれかけてた。

なので

”自転車 ケーブル プロテクター”  

でググって出てきた 

後付できる2種類の形状のうち、ねじねじのをポチった。

中国発送だったので、amazon でなく aliexpress でも着く時期は同じころになる。
ちょっと安い aliexpressで買った。

到着まで時間がかかるため、またチューブを巻いて、今度はグルーガンを端に塗っておいたので
もしかしたら剥がれてこないかもしれない。




ロードバイクのときコラムに巻き付けているチェーンロックがトップチューブなどに擦れて
塗装が薄くなったので、 
その頃から今の自転車になっても、ここに透明なテープを巻いている。

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車走行日記へ







-メンテナンス

Copyright© ちゃりログ , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.