荒川自転車道で主に埼玉方面へ クロモリロードバイクで走行

ちゃりログ




商品

至福の一杯のために買った物

投稿日:

2018年5月中旬

 GW前半は、初めてのテント泊自転車旅行に行き、
旅行のために そろえた物を全部使ってみたが、
コーヒードリッパーはコーヒー粉がなくて、使えなかった。

 

 帰ってから、家の全自動コーヒーメーカーに水をいれずに起動することで、
ミルだけ動かして挽いたコーヒー粉を回収できるか調べたが、うまく出来ない様だ。

 

 よく考えると、自転車旅行にコーヒー粉を持っていくのは、酸化して味が悪くなると思った。
 折角、淹れるなら、挽きたて のコーヒーの方が良いと思い。

 以下の2つを買った。

 

Img_20180511_195553

 

ミニ コーヒーミルは ポーレックス が良いらしいが、6000円以上する。

売値4000円未満で キャプテンスタッグのがあったが、それでも高い。

1000円から2000円ぐらいでいろいろな製品があった。

重量250g以下で2000円ぐらいのRioRand ?のコーヒーミル(箱のどこにもRioRandとは書いてなかった) があったので注文。

翌日の昼休み、イオンに行ったら、アルファックス ?のコーヒーミルが1800円であったが、
滑り止めがついている 自分が注文した方がいいかな 

 

上の蓋を開けて、豆をいれて蓋して、ハンドルをつける。 (豆はコーヒーカップ2杯分まで入る。)
下半分の受け皿部分には滑り止めが巻いてある。

上半分の中にコーヒー粉の粒の大きさを調整するダイアルがある。

収納袋と掃除用のブラシ2本付。

 

遥か昔の学生の頃、一人用のサイフォンや ドリッパーや 手動コーヒーミルを買って
コーヒー淹れたことがある。
その手動ミルでコーヒー豆を挽くと、嫌になるほどハンドルを回した記憶がある。
サイフォンの布フィルターの管理も水に浸けて冷蔵庫で保管するなど、面倒で使わなくなった。

 

ミルで一人分10gの豆を挽いてみたが、当時使ったミルよりハンドルを回す
回数が少ない気がした。

Img_20180511_195822

 

コーヒーを入れるために ドリップケトルまで自転車で持ち運びたくない。

お湯沸かしたカップや鍋などの淵に 箸 をつけてお湯を垂らす方法があるらしいが、
両手を使うことになる。

ドリッパーはカップに2ヶ所載るのを買ったので安定性が心配で片手は空けておきたい。
3か所載るタイプは値段が高く。重量があるので軽いのを買った。

そこで、クッカーに パール金属の 急須スキッタ― を載せることにした。

そのまま載せたら、滑り落ちた。 熱湯が入っていると 鍋の底に落ちたら拾えない。
急須スキッターの先を更に曲げて、鍋の淵にひっかかるようにした。

Img_20180511_201143

 

鍋でお湯沸かして、スキッタ―が落ちないように鍋に
蓋して、お湯をドリッパーに注ぐ。 細いお湯が注がれる。

Img_20180511_204454

シェラカップにドリッパー載せたが、シェラカップが浅いので、コーヒー淹れていると
専用の円錐型ペーパーフィルターの先が抽出済みのコーヒーの中に浸かってきて
スムーズに抽出できない。 
フィルターが浸からないようにドリッパーを持ち上げなければならなかった。

***
 普通のカップでもフィルターの先が浸かった。 
 円錐ペーパーフィルターを折る時、 円錐の角度を大きくすれば浸からなくなる。

 

きゅうすスキッタ―は 送料無料で安かったのでビックカメラ.com で買ってみたが、
200円程度なのに翌日配達された。

 

 

GW後半は、実家から両親などと車で 圏央道 を初めて走って、2年前に銚子市へサイクリングしたときに寄らなかった 「佐原の街並み」 と 「香取神宮」 へ行ってみた。
圏央道は高速道路だと思っていたが、
ほとんど片側一車線でときどき片側二車線の追い越し区間があり
速度70km/hの表示が出ている道路だった。 

佐原は倉敷と似ていた。 香取神宮の本殿は三峯神社に似ていた。


にほんブログ村











-商品

Copyright© ちゃりログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.