荒川自転車道で主に埼玉方面へ クロモリロードバイクで走行

ちゃりログ




商品

日焼け止め少しずつ高いのになってる。

投稿日:2019年7月2日 更新日:

2019年6月下旬

6月 NHKの朝のTV番組 で紫外線特集していた。
 
 Tシャツの色の違いよる紫外線カット量を比較していた。

  黒、グレー、青、黄、赤  の中で 黒が一番カットする。
 その他の色は同じぐらいカットし、黒との差は僅かだった。

 染料が紫外線を吸収するため色の濃さには関係なく
 どの色でも紫外線カットの効果があるとやっていた。(白は除く?)
 SPF15ぐらいはあるらしい。 

 
 また、太陽光を受けた場合の、温度も比較していた。

 黒色: 50.7℃
 赤色: 43.7℃
 青色: 42.0℃
 グレー:39.1℃ 
 黄色: 38.6℃

 で 黒と黄色の差は10℃以上もあった。 
 
 夏は黄色いシャツで紫外線カットしながら、涼しく過ごせて幸せになれる様だ。

 もっとも、自転車乗る場合はUVカット加工された衣料を着ることが多いだろうから、 暑さ対策や汗の白い潮吹き対策で色だけ気にすればよいと思った。





サイクリングする様になってから、日焼け止め塗る様になった。


最初の頃は数百円で買える メンソレータムのを2個使った。
30mlぐらいと小さくてバッグに入れて、持ち運びしやすい。


2,3時間毎に塗り直す必要があるらしいが、
だいたいサイクリングに行く前に顔面、首、耳に塗って終わりのことが
ほとんどなので、
一本使い終わるまでに時間がかかる。

顔が真っ赤や真っ黒にならなければいいのだ。

腕はUVカットのアームカバーか長袖着るので塗らない。
(アームカバーの端の締め付け部分で皮膚が汗疹なのか炎症起こすので、最近は夏でも長袖にしている)
脚はふくらはぎサポーターつけるときは塗らない。
サポーターつけないときは靴下の上とニッカの間が直射日光が当たり、
2年前、富士山五合目からの帰りに太陽が照りつけて真っ赤に日焼けし、
火傷したように痛くなったことがあるので、そこだけ塗る。
手の甲はグローブつけていても、少し日焼けするようなので、少し塗るようになった。

(本来、もっと使わなければ日焼け止め効果うすれているが)
あまり使わないので、もう少し高いのを買ってもいいかなと思った。

次からは男性用の日焼け止めにした。

使っていた記憶がもう無いが、amazonの購入履歴に
ニベアフォーメン UVプロテクター 30ml  580円 があった。
今、amazonでは5,200円で出ていた。
新モデルがあり、もう製造されてないようだが、プレミアがついているのか?



次に大塚製薬のウルオス  1000円ぐらいの を 2個使った。

残り少なくなってきたので、次のを探す。 
ウルオス 25ml で小さくて、使用感、全く問題ないし気に入っていたが、近所の店で見かけない。
よくみたら SPF50+ だが、 PA+++ だ。

SPFがしわ、たるみの原因のUVB、 
PAがシミ、そばかすの原因のUVA の防御能力を示す。

SPFの数値は 人により皮膚が赤くなるまでの時間が10分~20分ぐらいと違うが、それを何倍遅らせることができるかを示すらしい。 
SPF50は50倍、 SPF50+は51倍以上

PAは+++までの3段階だったが、2013年1月からPA++++までの4段階になったらしい。


今度は、PA++++のにしようかとAmazon見ていたが、


また、wowmaからクーポンが来た。 

今度は500円

wowmaのショッピングサイトで 少し高い2,000円の日焼け止めでクーポン使えた。
ポイントも使うと1,400円ぐらいで買えるので買った。 
男性、スポーツ用日焼け止め
40g入り なのでバッグに入れるには少し デカかったか 

dav



なぜか、ちょっとずつ高いのになってきている。

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車走行日記へ







-商品

Copyright© ちゃりログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.