荒川自転車道で主に埼玉方面へ クロモリロードバイクで走行

ちゃりログ




サイクリング

片足で何とか帰ってきた

投稿日:

2020年1月13日(月)晴れ

 昼間は温度が12℃ぐらいになりそうな予報なので8:10に出た。
 
 出る前に東松山県土整備事務所のページをみたら定峰峠への県道11号は復旧しているようだ。

 荒川自転車道にでたら 温度計は 8℃台

 久しぶりに乗るが、右膝に僅かに軽い痛みが出てきた。

東秩父村のヤマザキで休む。

 定峰峠に行こうかと思ったが、それほど楽しそうでもないので
 以前、一度だけ登った 栗山線に行ってみることにした。

 登り始めたら勾配8%〜10%はあった。 こんな勾配ある記憶が飛んでた。
 

マキの大木がある。 そのすぐ先に公衆トイレもある。

福島家のマキ <小川町指定天然記念物>

笠山神社への登りぐちがあるところから勾配が5%ぐらいになった。

延命水を汲みに来る人もいる。

栗山線は片側に木が生えてないので展望が良い。

右の方から上がってきた。

更に左に進んで、ぐるっとしてきて、赤い橋桁の上にいる。

また勾配が10%ぐらいになった。
七重峠方面の分岐を過ぎて、さらに勾配がきつくなる。

笠山峠まで100m無いぐらいまで近づいたとき、右足着いたら攣った。

もう少しなのは分かっているので、登りだしたら、もう脚が勾配に耐えられなくなって右によれて、おそらくその時、両脚が攣って、足つくこともできずに
そのまま自転車が横倒しになって、下に体が放り出された。

両脚攣ってて、動くことができない。
車とかくるといけないので、数分して何とか立ち上がり自転車を端に移動した。
止まっている状態で勾配計みたら18%あった。

最後、自転車を押して着いた。 マップが倒れていた。


先程、歩いて来れたが、またウェーブの様に脚が攣りだす。
ふくらはぎだったり、太ももの内側だったり外側だったり、
立っているのも困難。
座る場所もない。
膝を少し曲げた中腰になるのが一番楽。
鉄棒につかまって脚を伸ばそうとするが、逆にまた攣りそうになる。

こんなに長時間攣るのは初めて
帰れるのか心配になってくる。

チャリダーが登ってきた。太ももが太い。
すぐに降りていってまたリピートすると行ってしまった。

15分ぐらい脚が攣ったり、攣りそうな状態が続いて動けないが、
温度が7℃台で寒い。

とりあえず、下り始める。七重峠へ向かう。
途中、短い登り坂があったが、登れそうにないので自転車を降りる。
降りるとき右足を上げると膝が痛くて、再度リトライして何とか降りて、
自転車を押して、坂を上がってからまた自転車に乗る。

東屋がある場所のマップのところに来た。
だれかが 七重峠と書いてあった場所に笠山峠と貼って
この場所に七重峠と書いたようだ。
これが正しいと思う。 

大野特産物販売所の前のローバイが咲いていた。

隣のローバイの木は花の中が赤い。

東松山でキツネが前を横切っていった。 
北海道では良く見たが、この辺りでキツネを見るのは珍しい。6年自転車乗って3度目か

川島町でカワセミがいた。

川島町の平成の森公園でトイレに行くとき、やっぱり自転車降りようと脚をあげるが痛い。 右足をびっこ引いて歩く。

ホンダエアポートのところで、両脚の太ももが釣りそうになり、時速10km以下になるが、 3分ぐらいで回復。 今頃になってもこんなでやっぱり異常だ。

その後、入間大橋の50mぐらいの登り坂は何とか登る。
 
もう暗い。

上江橋から荒川右岸側にでて進む。

荒川土手にも何とか登る。
その後、右膝痛くて、ペダルを回せない。 
まだ20kmぐらいある。

フラットペダルなので左脚だけでは回せない。

左脚でペダルを9時から6時方向に回したら、右足で戻すことを繰り返し左脚だけで進む。



羽根倉橋で信号待ち。 青になり走り出すとき、右足では踏み込めない。
左脚をペダルに乗せて、右足は伸ばして、軽く地面を蹴りながら
左脚を踏み込む。

また土手にもどる10mぐらいの坂。 5mぐらい登って登れない。
足着いてしばらく休む。
登れないので、自転車降りて押す。

ほんとうに帰れるか心配になる。 タクシーにでも乗りたいが、土手沿い走ってない。

また、左脚だけで進む。 速度は12km/hぐらいだった。

橋を過ぎてから、痛いのを我慢して右足は踏み込まずに回す。
そうすると左脚が12時〜6時方向まで力を入れられるので、速度が16km/hぐらいになった。
痛くて長くは続けられない。

朝霞水門の上り坂は時間をかけて押して歩いた。
左脚ばかり酷使して左脚も使えなくなると大変だから


最後の土手の坂は緩やかなので左脚だけで登れた。

最後の橋の手前の20mぐらいの坂は登れそうにない。
自転車を押した。

19:05帰宅。プロテインを飲む。筋肉の修復が必要だ。

服を脱いだり着たりするのも一苦労。
家の階段を時間をかけて一段づつ何とか登る。階段に手すりあっても階段を降りる方が難しい。数分かけて降りる。
風呂の湯船に入ったり出たりするとき脚を上げると膝が痛すぎ。

家にロキソニンの貼り薬があったので、膝の横に貼る。膝には転倒したときの擦り傷に出血跡。寝ている間にめくれて剥がれるので膝サポーターを探したが、見つからないので、レッグウォーマーを膝までつけて寝た。(サポーター見つかった。)
家族がグルコサミンとコンドロイチン、MSMが入ったDHCのタブレットを持ってきたので飲んだ。30日分あるのでしばらく飲もう。



一晩寝て、痛みは少しだけ和らいだが、痛いのは変わらないし、右足びっこ引いてる。

整形外科に行く。 レントゲン撮って、 痛み止めと ロキソニンより強力な貼り薬の処方箋が出た。
右脚のほうがまっすぐ伸びなくなってきていると言われた。
固まる前に、風呂からでたら脚を伸ばすリハビリ方法を教わる。5秒×10回

こんなのが旅の途中ででたら、おしまいだ。

143km走った。
0.7kg減量

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車走行日記へ







-サイクリング

Copyright© ちゃりログ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.