荒川自転車道で主に埼玉方面へ クロモリロードバイクで走行

ちゃりログ




サイクリング

新しい自転車でネノゴン へ

投稿日:

2021年4月3日(土)

 9時頃でた。

 荒サイで入間大橋まで、入間サイクリングロードで狭山市まで行き、終点の5km手前
 から一般道で飯能市へ行き県70号へ入る。

 温度計は22℃

 いつも原市場のコンビニまで行ってから曲がっていたが、
 今日は 竹寺への案内がある 小瀬戸交差点で右折した。
 こちらの道の方が、山越えしなくていいし車も少ないので楽だった。

今日はネノゴンまで1.8kmの案内のところで休んだ。 温度計は18℃台
サドルのLINE状の窪みに水滴があった。
尻の熱気が窪み部分の温度差で凝結したのか?
穴あきサドルならきっと穴から熱気が放出されるのでこのようなことは無いだろう
普通のサドルなら、おそらく服に浸み込むで湿るのか?
尻汗と思っていたのはこうもん様の熱気だったのか?


ネノゴンまで1.5kmの案内のところからリアは余裕を残して3段目のギヤで登っていく。
上の方に近づき少しきつくなったので2段目にチェンジ
ネノゴンまで300mの案内のところで、1段目にチェンジして
ヘアピンカーブを曲がって登る。
いままでの自転車ならカーブ曲がって10mぐらいで力尽きたが、
今日は進める。
緩い左カーブも登り、ガードレールがあるところを登っているが、
最後のヘヤピンカーブの辺りに一人のチャリダーが立っているのが気になる。

そのヘヤピンカーブの手前のチャリダーの前で力尽きた。 
息が上がって、まともにしゃべれない。


ここで終わった。
このカーブを登れれば、ネノゴンまでたどり着けたハズだった。


新しい自転車なら行けると思ったのだが、

・朝走り出したときから脚が重かった。
・尻の痛みに起因してここに来るまでに消耗していた。
・体重も人生最大-1kgと高止まりしている。
・自転車も重いし鉄下駄ホイールやタイヤが重い。
・前のチャリダーも気になったし、空耳か上から車が来るような気がした。
・フラットペダルなので引き足は使えない。
・ギヤは軽くなったがタイヤは37Cで周長は今までより大きくなった。
・ダンシングもしなかった。
・もう62歳3ヶ月だ。
などなど登ることが出来なかった理由はあるだろう。

27歳になる前に転職して17年勤務した2つ目の会社の社長はもうこの世にいないが、 
「出来ない理由を並べるのでなく、出来る方法を考えろ!」 
と良く言っていた。

失意のあまりネノゴン(子の権現)まで行かず、ここで引き返し、泣きながら帰った
てか


永田交差点で永田台通りを登ってから下ってR299号に入る。

水が無くなったので、自販機で100円のペプシコーラ500mlを買ってボトルに入れた。
今年、初コーラ

狭山市の入間川にかかる有料の橋の近くから入間川サイクリングロードに入る。
サクラ吹雪の中を通った。
サクラ~吹雪の~サライの空は~ ♪
の歌詞が浮かんだがよく意味が分からない。 

安比奈親水公園でジェット機がみえるが、爆音がしない。


凧だった。
凧をおろしたときに見せてくれた。
もう十数機のジェット機型カイトを制作しているらしい。
これはスエーデン空軍のジェット機だが、ブルーインパルスやブルーエンジェルスの機体も
制作済みだと言っていた。

骨組みはカーボンファイバーで作って、発泡スチロールなどの材料で機体を作っている。
空気取り入れ口はカップ麺の器を使って、後ろのジェット噴射する部分はカップを使っていると説明してくれた。
底から見ると開いている部分があり、骨組みが見えていた。


土手で今年、初めてツクシを見た。
前回、前々回はサイクリング中にキジの鳴き声を5回聞いて、キジを3,4羽見たが、
今日は鳴き声を3回聞いたが、キジを見ることは無かった。


治水橋を過ぎて、土手の下の道路工事迂回後に戻らず、別の道へ行ってみた。
初めて通る道路だ。
途中、立教のグランドがあった。
ららぽーとが道なりの道路沿いにある案内があったので進んだが見当たらなかった。
いつも土手から見える びん沼川を橋から見た。 釣りしている人が多かった。

今日も尻の痛みで何度も尻を上げたり、位置を変えたりして疲れた。


17:50帰宅。プロテイン飲んだ。
140km走った。
2.0kg減量

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車走行日記へ







-サイクリング

Copyright© ちゃりログ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.