荒川自転車道で主に埼玉方面へ クロモリロードバイクで走行

ちゃりログ




メンテナンス 商品 日本一周 日記・つぶやき

防水スプレーってそんなに危険だったのか

投稿日:

2019年7月

先日、寝袋などを洗濯・乾燥後、数日 室内に広げておいてから

結露の水滴や汚れから守るために、撥水スプレーを吹きかけた。
ダウンパーカーや収納袋もスプレーした。

寝袋はデカくて長いので、ベランダのガラス戸を開けてカーテンレールに吊るして室内でスプレーした。



数日後のニュースで防水スプレーで呼吸困難になるトラブルが増えていて、相談件数が5年前の6倍になっていると。

家庭用の防水スプレーは、防水というより撥水で
「フッ素系樹脂」や「シリコン系樹脂」 などの
撥水性の樹脂が使われている。

マンションの玄関で換気扇回しながら、数足の靴にスプレーした人が
高熱がでて、呼吸困難になり、過敏性肺炎と診断され、
9日間入院して酸素吸入、肺洗浄などの治療を受けたようだ。

一定量以上、吸い込むと肺が樹脂でコーティングされて
酸素をうまく取り込めず呼吸困難になるらしい。

間質性肺炎になって、死亡した人もいるようだ。

樹脂が使われているスプレー使用時の注意喚起していた。
 ・必ず風通しのよい屋外
 ・マスク着用
 ・風下にいてはダメ
 ・周囲に人やペットがいないことを確認
 ・一度に大量に使わない。


スプレーした後、喉のあたりが不快になって少し気分が悪くなった。
先にニュース見ていれば、マスクしたのだが・・

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ







-メンテナンス, 商品, 日本一周, 日記・つぶやき

Copyright© ちゃりログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.