荒川自転車道で主に埼玉方面へ クロモリロードバイクで走行

ちゃりログ




メンテナンス

HDD再交換してもmanjaroにしてもサスペンドできない

投稿日:2020年3月2日 更新日:

2020年3月上旬

 調子の悪いHDD やっぱり駄目だった。

 一時的に無反応になることが頻発し始めた。 
 そのときHDDアクセスランプが点灯している。

 vmstatでb列に数字がある。 PROCESSがIO待ちになっているようだ。

 そのうち、エラーのポップアップが何個も出始めたが、メッセージが表示されてない。

 再起動したら、しばらく立っても起動できないようだ。

 250GBのHDD 完全に駄目になったようだ。


 500GBのHDDがあったので、それにMXlinuxインストールしたが、
 なんと、それもサスペンドできなかった。
 seagateのHDDだった。

 今の処、サスペンドできたののはもともとTHINKPAD SL510についていた
 WD製だけだ。

 
 またHitachiの80GBのHDDをつけ直して、
 今度は arch系linux の Manjaro をインストールしてみた。
manjaroのインストールディスクも1月に作っておいたのだ。

 何も参照しないで、インストール始めたがインストールが少し分かりにくかった。
 インストールの最後に manjaro IDにログインする必要があったがパスワードに困った。 結局 manjaroといれたら通った。

 その後のupdateの動きも かなり違う。

 日本語インストールはネットを参照して入れた。

  日本語入力インストールはCLIでインストール後、2つのファイルをエデットしなければならなかった。
.bashrcはあったが、  .xprofile は無かったので作った。

$ sudo pacman -S fcitx-mozc fcitx-gtk2 fcitx-gtk3 fcitx-qt4
でなく
$ sudo pacman -S fcitx-mozc fcitx-gtk2 fcitx-gtk3 fcitx-qt5
でインストールできた。(今は4でなく5らしい)

$ sudo pacman -S fcitx-im
投入してデフォルトのallでインストール


 OS起動時もなかなか文字が出てこない。

 MX linuxのほうがかなり使いやすいと感じた。

でも、MX linux は20GB超えていたが、manjoroは半分ぐらいだった
 (どちらも12GB未満)

 manjaro linuxインストール終わったので サスペンドしたら
 なんと サスペンドできなかった。

 thinkpad SL510に問題があるのか?

arch linux の互換性のページに SLシリーズは無かった。


 

manjaroでハイバネートを後日試したら出来たが、復帰時間が起動時と変わりないので意味がない。
シャットダウン時に「次回のログインのためセッションを保存する」にチェックしておけば起動後ログインするとブラウザーなど起動していたウィンドウが戻るのでハイバーネットとそれほど遜色ない。
ハイブリットスリープはディスクにsaveした後は、サスペンド同様に点滅したままフリーズする。







-メンテナンス

Copyright© ちゃりログ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.