荒川自転車道で主に埼玉方面へ クロモリロードバイクで走行

ちゃりログ




メンテナンス

後ディスクブレーキパッドの摩耗量も調べた

投稿日:

2022年9月上旬

 先日、前ブレーキパッドを確認したが、 一応 後も確認しておくことにした。

今回は外した後、どちら側にセットされていたパッドか分かるよう
意識して取り外した。

ピストン跡をみると、やっぱり中央から少しずれている。

内側にセットされていたパッド。写真右側が前方(タイヤの進行方向)




自転車を逆さまにしている。写真の上側が前方(タイヤの進行方向)



今回はピントンが出っ張ったままの状態で
ピストンの外側のスペースをノギスで計測して
上側のスペースが下側より1㎜ぐらい狭いことを確認した。





片側のパッドの角の部分は2~3mm欠けて薄くなっていた。
後輪を取り付けるとき、何度もガクンと勢いよく車輪が入ることがあったので、
ディスクローターが当たったようだ。


計測結果

 今回も3ヵ所計測した。

外側パッド
  前方  2.6mm
  中央  2.55mm
  後方  2.55mm

 内側パッド
  前方  2.8mm
  中央  2.8mm
  後方  2.8mm

前ブレーキは前方より後方の方が摩耗量が大きかったが、
後ろブレーキは均等に摩耗していた。



金属プレートの厚み(計測値1.6mm)を除いた
パッドの厚さは 0.95~1.2mm残っているので、
後ろのパッドもまだ使える。

前後ブレーキと比較すると、僅かだが前ブレーキの方がパッドの摩耗量が多い。


今回も内側と外側のパッドで摩耗量に差があったが、
パッドの左右入れ替えするのを忘れた。

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車走行日記へ







-メンテナンス

Copyright© ちゃりログ , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.