荒川自転車道で主に埼玉方面へ クロモリロードバイクで走行

ちゃりログ




日記・つぶやき

スポークプロテクター

投稿日:

2022年10月下旬

 木曜の夜8時過ぎに、息子が帰宅して、マスクがチェーンに絡まって、チェーンが外れた。
 駐輪場に置いてきたから、明日、取ってきて自転車屋へ持って行って修理してきて欲しいと
 懇願してきた。 数か月ぶりに顔を見た。

 明日の昼間にそんなことはしたくない。
 説明内容から、ニッパとラジオペンチを入れた作業グローブをポケットに入れて、
 夜9時に駅へ向かった。
 駐輪場は2駅先。
 
 久しぶりに都営地下鉄に乗った。 
 PASMOは記名型から無記名型に変えてあるので、
 しばらく使わなくても使えなくなることはもうない。

 駐輪精算は0円
 
 想像した通り、自転車のプーリーに不織布マスクが絡まっていた。
 クランクは動かない。
 ラジオペンチで真っ黒になったマスクを引きちぎりながら取り出した。 
 チェーンリングにチェーンをかけて帰って来た。

 乗っているとき、ほぼ車輪1回転毎に後方から異音がしていた。
 リング錠のキーについているキーホルダーが何かに当っているのかな?

 前ブレーキのレバーも握りが異常に深すぎる。
 夜なので、帰宅後、前ブレーキのワイヤーだけ締め直しておいた。

 金曜日に乗って行ったので、
 土曜日に異音を調べてみた。

 外装6段、ローラーブレーキ、ハブダイナモのママチャリ。

 スポーツ自転車は欲しくないというので、大学入学のとき、
 買い与えた 内装3段、ローラーブレーキ、ハブダイナモのママチャリは、
 5,6年後、鍵もかけずに置いて池袋で盗まれ
 息子が自分で外装の自転車を買って来た数ヶ月後に、
 自転車が見つかったと警察から連絡が来たが
 受取りにいかなかった。
 
 


 車輪やクランクやチェーンがどこかに擦れていないか調べるが、
 見当たらない。
 異音はするが、どこからしているのか全く不明。

 この自転車は購入後まだ2年以内だと思うが、スポークプロテクターが少し変色して
 端が欠けていたり、ヒビが多数入っていて、ひび割れでずれている箇所もある。
 スポークプロテクターに指で触れたら、ヒビに沿って一部割れ落ちた。

 車輪を回したら、異音が無くなっていた。
 
 その後も指が届く範囲で折っていっただけで、ここまで小さくなった。


スプロケット外さなと全部取れない。
でも、ママチャリは後輪の取り外し/取り付けが大変だ。
一旦ここまでにしたが、翌日、ラジオペンチで引っ張ったら、2つに割れて全部取れた。
プラスチック製のスポークプロテクターは劣化しやすいのかもしれない。





 昨日、吉見総合運動公園のサイクルラックに15台ぐらいスポーツ自転車がかかっていた。
 クロスバイクにはスポーツプロテクターがついていた。
 ドロップハンドルのロードバイクにもついているのが1台あった。

 スポークプロテクターはチェーンが外れることで、スポークへ損傷を与えたり、チェーンが絡んで後輪がロックして急停止するのを防止するため、チェーンが内側に落ちないようにするためにあるらしい。
 ママチャリでも外れることがないシングルや内装変速にはなく、外装変速のものしかついていない。

 調整をしっかりするロードバイクではスプロケットの内側に落ちることはないから
 つける必要もないらしい。
 あまり調整をしない自転車につける傾向にあるようだ。 

 自分が買ったロードバイクにもグラベルロードにもついていなかったが、
 クロスバイクにはついていた。
 ママチャリは内装3段しか買ったことが無い。

 クロスバイクを買ってから6年後ぐらいに、ホイールの振れ取りするとき
 スポークプロテクタを外したしたが、崩れ落ちることはなかった。
 スポークプロテクタにもグレードがあるのか
 

 先日、グラベルロードで雨の中、都道走行中にスプロケットの内側でなく外側にチェーンが
落ちて車輪はロックしなかったが、
クランクの可動範囲が極度に狭まった。それでも危なかった。

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車走行日記へ







-日記・つぶやき

Copyright© ちゃりログ , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.