荒川自転車道で主に埼玉方面へ クロモリロードバイクで走行

ちゃりログ




メンテナンス

ブレーキの音が変だったので、パッド確認

投稿日:

2022年10月中旬

 昨日、12kmの林道で秩父市へ下っている時、頻繁にブレーキかけた。
 こんな時、油圧ディスクブレーキはあまり力が要らないから、
 下ハンドルを持ってブレーキをかける必要もない。

 前ブレーキをかけた時、ローターとパッドが接触する音に、今までに無いガサガサ感を感じた。
 林道下っている時だけで、その後、自動車道を走っている時は、感じなかった。

 それに、前のディスクローター1回転毎に擦れる音もしていた。

 ブレーキパッドは年末に交換時期が来ると思っていたが、何か損傷が発生したのか確認する。

 一方のパッドには〇が2つ浮かび上がって来た。もう一方は〇が1つ。
 前回、確認したときには無かった。
 パッドのプレートの裏を見ると、その位置は丸い窪みがある。
 

 〇の部分は、色が異なるので周りのレジンとは別素材と思える。
 固定するために裏の穴まで貫通させているのかも。 金属製か?

 これがローターに当り、今までとは違う音を感じたのか?


もしかして、これが出てきたらブレーキパッドの寿命の0.5mmに達したのか?

ノギスで測ると、0.6~0.8mmはあり、もう少し使えるので、キャリパーに戻した。



次に、ローターの擦れの処置
ホイールを回転させて、擦れる箇所を確認。
どちら側のパッドに擦れているのか確認するために、薄い紙を挿そうとしたが
うまく挿せない。

エンジン点火プラグの接点の間隔を計測するゲージがあるのを思い出したので、
薄いリーフを挿して、擦れている側を確認した。

キャリパーのネジを緩めて調整するより簡単なので、
ローターの曲がりを直すツールで曲げた。(本当に曲がっているのか分からない・・・)

擦れなくなった。


パッドとローターの間隔がどれくらい空いているのかゲージで確認してみた。

片側は0.3mmのリーフが入り、反対側は0.10mmのリーフが入った。
ローターがパッドの中央に来ていないが、
もし中央に調整すれば隙間は片側0.2mmぐらいなので、
ほんの少し曲がるだけで擦れてしまうのは納得だ。

シクネスゲージ(Thickness gauge) 別名スキマゲージ



ノギスは100円ぐらいのプラスチック製で計測しているので、
正しく計れているのか以前から不安があった。

シクネスゲージのリーフの厚さをノギスで正しく計測できるか確認してみた。 
 0.30mmを計測したら 0.30mmに見えた。 〇
 0.20mmを計測したら 0.20~0.25mmに見えた。 △ 
 0.15mmを測定したら 0.20mmに見えた。   △
 0.10mmを測定したら 0.10~0.20mmに見えた。 ×
 
 0.30と0.20mmを重ねて計測したら、 0.50mmに見えた。 〇
 
 以上の結果から0.05~0.10mmぐらいの計測誤差が出ていてもおかしくない。
 薄くなると正しく計測できてない傾向にある様だ。
 パッドのプレートも含めた交換時期の厚み2.00mm と ディスクローターの交換時期の厚み1.50mmが 正しく計測できればいい。 
 厚めなので交換時期はプラスチックノギスでも識別できるかな  

 ノギスのメモリを読むのは難しい。

 デジタルノギスなら正しい値を表示するのか?

 パッドの厚み測定結果は0.6~0.8mmだったが、
 もしかすると薄いところは実際には0.5mmに到達している可能性が無きにしも非ず。

 保守用のブレーキパッドは4個ある。
 次に異音がしたら交換しよう

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車走行日記へ







-メンテナンス

Copyright© ちゃりログ , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.