荒川自転車道で主に埼玉方面へ クロモリロードバイクで走行

ちゃりログ




日記・つぶやき

2020年のメダルの原料提供

投稿日:

2019年2月中旬

 先日、家族が「オリンピックのメダルのケイタイ 来月までだ」と云う。

一瞬、オリンピックで近所のスーパーマーケットが脳裏に浮かび、メダルがあるのか ケータリングか と頭が混乱した。

オリンピック メダル をググると 
「都市鉱山からつくる!みんなのメダルプロジェクト」 が出て来た。

携帯電話や家電から 2020年の東京オリンピック・パラリンピックのメダルを約5,000個作るらしい。

古い携帯電話は何台かある。

ドコモか区役所に持って行こうと調べていたら、

板橋区なら パソコンがあればその他の小型家電も (縦+横+高さ合計)140㎝のダンボールに重量20㎏までいれて、無料で運送業者が家まで引き取りに来て
くれるらしい。

古いタワー型パソコンも3台あるし、古い小型家電もあるので丁度良い。

家族のタワー PCをドスパラで買い替えた時は下取りがあり古いのを送ることができたが、 PCを廃棄するには数千円かかるとづっと思っていた。

廃棄PC



2017年4月に始まったプロジェクトらしいが全く知らなかった。


5年前にlinux mintを入れたのをまず、ディスク消去した。 80GBぐらいだったか  30分近くかかった。

消去も依頼すれば有料でやってくれるが、 無料の消去ソフトをダウンロードしたのをCD-Rに焼いて起動した。 

ディスク消去



windows vistaが終了するまで10年使った自作PCも2台SATAのHDD消去した。 150GBと100GBぐらいだったので合わせて2時間ぐらいかかった。

その前の最初に作った自作PCはwindows meだったか忘れたが、CD-Rから起動しないので、 
IDEのHDD取り出して、IDEからUSBに変換するアダプタつけてPCに接続したが
ドライブが表示されなかったので、最終手段で星形のドライバでHDDを開封して、中のディスクを取り出した。
もう一台のIDEのHDDは開封できたが、ディスクのドライバは更に小さい星形のドライバが必要だったが、持ってないので、 ディスクに傷をつけた。

開封したHDDからはいつも 中の磁石を取り出して、パソコンラックにくっつける。

ダンボール箱をどこかで貰ってこようと思っていたが、家の納戸に丁度140㎝の
引っ越し用のがあった。


最初適当に入れたら、20㎏超えていた。

体重計で測って、調整した。 
箱が体重計に乗らない大きさなので、箱を持って体重計に乗ったが、
上蓋を閉じてないと箱が変形して持ちにくい。

PCとVHSビデオレコーダーで20㎏  

PCとアナログチューナー付きDVD/HDDレコーダー、スマホ、携帯、キーボードで20㎏

PCと携帯4台とキーボード2個で17㎏ (ケースがオールアルミなので軽い)

タワー型の2台は高さが高くてダンボール箱の蓋がシッカリ閉まらなかったので
シッカリ ガムテープ貼った。

ダンボール箱を閉じる前に携帯電話 念の為開けたら、4GBのマイクロSDカードが挿入されているのが1台あった。 写真を回収した。

ネットから申し込むと最短では翌日が指定できる。
区の粗大ごみの収集よりかなり迅速。
2箱目から1,500円かかるので、 1個づつ日をかえて3回申し込んだ。

初日,引き取りに来た佐川急便に翌日以降の箱も持って行ってくれないか依頼したが、伝票が無いと断られた。
2日目と3日目に引き取りに来た人は同じ人だった。
2日目が重かったのか3日目は台車を持ってくるのがガラス戸から見えた。
昨日より重いですかと聞かれたので 「軽いですよ!」 と言ったら、 
箱持って 「ホンマや!」 と言った。







-日記・つぶやき

Copyright© ちゃりログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.